« 物書き学生の話③ | トップページ | ブレイク »

物書き学生の話④

前回からの続き。
文章で生活することはできるのでしょうか。こんな話をしていたら様々なことが思い浮かび始めました……。

Image039_2

O君:確かに、僕、物語の方に自分の目が向いているっていうことは自覚してますよ。

僕:もう就活しなくていいと思うよ(笑)小説だけ書いていれば

O君:本当に好きになった会社ぐらいは受けたいなって

僕:なるほど

ここでしばらく、出版業界と、志望する企業について云々。
具体的な会社名は伏せておきつつ、話は会社員から作家になった人について。

僕:(あるサラリーマンが作家になった話から)――全然有名じゃないんだけど。ウチに一冊だけ本があった。エッセイストだね。どっちかっていうと。

O君:……。

僕:――?

O君:僕、エッセイストってポジションがわからないんですよ。

僕:俺も、よくわからない。

O君:エッセイストって言うことは、エッセイを主としている人です…よね?もとからエッセイを…っていうイメージがあるんですけど……。

僕:なんだろう…

O君:例えば、作家とか、――作家なり、映画監督なり、脚本家なり、…まあ大家とはいわないまでも、その道である程度の人が、自史として、自伝としてそういうものを書くんなら、――納得するし、読みたいと思うんですけど、ただ、もとからエッセイ……。

僕:なんか、狐につままれたみたいな感覚になるよね(笑)

O君:ああ(笑)、なんか、なりますよね!あの、例えば、あれです。すごい人の、そのすごい人が出来上がった背景とか、そういうものは知りたいと思うんですけど、――「エッセイスト」っていう人が初めてのエッセイとかっていうことで出すと、「何がすごいの?」って思っちゃう……。

僕:多分あれだよ、女性セブンとかに載っているコーナーみたいなのを寄せ集めて、本出したら、エッセイ集になれるんだよ。もう、そんなイメージしかないもん。室井佑月とかさ。

O君:あ~(ニヤリ)。室井佑月ひどいですね~…。

僕:今日もテレビでてたけどさ

O君:なんかイラ~っとする。主婦の意見言われている気がしてイラ~っと。…なんか、割とこう(斜め下をさして)ですよね。上から下へ……。

僕:RIKACOもどうせ、「エッセイストです」みたいなこと言うんでしょ?

O君:(笑)エッセイストは解らないですね~…。

僕:そもそも、エッセーって、ほら、モンテスキュー(正しくはモンテーニュ。後で聞きなおしてみたら、この時だけ言い間違えていました)の『エセー』からきてるっていうけど、…大作だぜ?、あれ。

O君:(笑)

僕:ほんとに。歴史の、その後の――。…読んでみると、わっけわからないぞ、本当に。哲学の批判から始めて、キリスト教…、モンテーニュってキリスト教の教義を、人間の理性によって、様々なことを語っていくというか。解釈していくべきだ!って言った人だから。キリスト教徒に対して、その、心で信じるんじゃなくて、理性をもってきちんと解釈していかないと、神のためにならない、みたいなことを言った人だから。……その、――名を…ね。冠するなよ!って思うよね(笑)180pxmichel_de_montaigne

O君:分量にしたら400円分くらいの文庫本で、エッセー……

僕:エッセー…、「どたばたエッセー」みたいな

O君:本当に、エッセイストっていうポジションは信用なりませんね……。

僕:コメンテーターとかでも、いるよ。エッセイスト。

O君:室井佑月で思い出しましたけど、ワイドショーって、ほんとに見ててモヤモヤしますね。

僕:そう?結構好きだけどね。まあ、種類にもよるけど。

O君:事件の概要を論じてくれるのはいいんですけど、あの…なんか二時間ドラマの世界を現実にも投影しようとしてる風ですごい嫌なんですけど…

僕:ドラマの番宣とかでしょ?

O君:いえいえ!

僕:ああ、そういう意味じゃなくって?

O君:本当に、なんか、そこまで未解決の事件の内容を、そんなに……

僕:あ~!「あいつが殺したんじゃないか?」

O君:という風に県警は捜査を進めています、まで言わなくていいだろうって気はするんですけどね。それは別に、視聴者の事件への好奇心を満たすものだけじゃすまない気がするんですよね。

僕:責任があるってこと?

O君:はい

僕:おおありだと思うよ

O君:こう、…そうやって、何ていうんですか、捜査がそういうふうに行っている、そういう風な方針を採っているとまで報じられると、その情報を垂れ流される視聴者は、ああそういうものなんだって思っちゃうじゃないですか。事件とは無関係なんだけど。

僕:もう、その一面しか。――最近、酷かったのはあれだよね。おばあちゃんと孫二人が亡くなって。山下清さんが…ちょっと人相が悪いからって、みのもんたが、「ほんとなの~?」って。あれ批判されたらしいけどね。みのもんた。

O君:然るべきですよ。本当に。

僕:みのもんたが出てるテレビ観ないから。

O君:男性芸能人の中で一番嫌いです。

僕:いっちばん嫌いだよ。

O君:口調が堪らないですよねー。

僕:でも、数字獲れるとかそんな理由でいるんだろうね。

作家にコミュニティは必要か?

僕:なんか、デビューできないかね。作家として。

O君:したいですね~

僕:そうしちゃえば、もういいだろ?あとは(笑)書き続ければいいだけなんだから

O君:僕が来年、…来年じゃねえや、来年度なんですけど…

僕:うん。四月から?

O君:はい。まあ、就活なりなんなりして、もし時間が空いたら、友達と音楽やりたいなってことを言っているんですけどね

僕:ああ

O君:まあ、思い出作りとしての表情が強いですけど

僕:バンドを組むってこと?

O君:やりたいんですよね~。ってのも、あの、具体的なイメージがひどくてですね~(笑)、灰野敬二Haino みたいにノイズを後ろで鳴らしながら、ポエトリー・リーディングの類を……

僕:ああ~。

O君:高円寺でやってそうな……。

僕:(爆笑)宗教系なら、そこ(注:高幡不動)でもやっているけどね。

O君:高円寺のUFOクラブでやってそうな、ガリガリいわせながら、ナンセンスな詩を朗読する……。

僕:なるほど……。いいと思いますけど、うん。そういうのを、ずっとやっていったらいいと思う。
――えへへ。

O君:やりたいんですけどねー。でも、その友人がですね、僕が二年の時によく八王子でライブをしててですね、で、そのバンドではやっていけないなっていうことで挫折を味わったんですって。

僕:うん

O君:で、うちのギターが一人と、価値観が合うらしく、できれば一緒にこれからやっていきたいって言ってるんですけど、そのギターの子はですね、これから大学卒業して、音楽だか音響の専門の方へ……

僕:うん、うん

O君:なので、卒業して二年間は働いて、最低二年働いて、絶望したらそいつと音楽やるっていうことを、僕の友人は言ってるんですけど。僕がその二年のあいだに、ある程度の地位を得られたら、そこに参加して、エポック・メイキングになってやろうって思ってるんです。

僕:……地位。具体的に言うと、やっぱり作家団体のなかに入ることじゃない?小説家ギルドとかないのかな。脚本家はあるけど。放送作家協会とシナリオ作家協会。

O君:作家とか、ミュージシャンとかって……

僕:なんかあるの?

O君:日本文学協会(後に調べたところ、正しくは日本文藝家協会)ってありますよね?

僕:あんの?

O君:永山則夫っていたじゃないですか。あの、死刑囚になってから

僕:銃乱射して、作家になった人でしょ?

O君:はい。で、あの人が、協会に入るか、入らないかっていう論議があって

僕:あ、知ってる知ってる!入れなかったんでしょ?

O君:で、その拒否はナンセンスだって言って…

僕:筒井康隆が。

O君:柄谷行人もでしたっけ?

僕:確か。柄谷も辞めたし、筒井も辞めて、あと数人……

O君:辞めましたよね。(協会は)それくらいしか僕、知らないですね~

僕:ああ~、そうか。他は、…ほら、SF作家協会(正しくは日本SF作家クラブ)!星新一とかで思い出したけど。

O君:あ、小松右京、――小松なんとかも。

僕:ああ~、…ん? 小松、さ、左京?

O君:よく間違えるんですよ、僕!小松左京の後から出てきた人ですよね、確か。SF作家じゃないんですけど。

僕:ああ

O君:とにかく、なんか、…そういう協会とか組合は名ばかりの存在で、目下コミュニティの方が大事にされている感じはするんですよね。解説を受け持ったり、文庫のあとがきを受け持ったりとか。

僕:あ~、そっかそっかぁ

O君:一緒に対談したりとか。そういうイメージが強いんですよね。町田(町田康)と筒井(筒井康隆)の関係なんて、モロにそうだと思うんですね。Machidako_2 Tsutsui_01_2

僕:ああ!そうだね!

O君:ドゥマゴ文学賞でしたっけ。筒井が、『くっすん大黒』を押して、それで、書き合ったり。

僕:地元の本屋行ったら、筒井康隆のポスターででっかく「町田康にかかれば、日本語はこんなに面白くなる」……バァーって書いてあって。あ、ちょっと買ってみようかなって思ったもん。

O君:そういう関係のほうが、大事にされている感じが。組合の仲間というよりは、認め合って、才能を買い合って……

僕:度が過ぎるとよくないかもね。サラリーマンと変わらないじゃんって。――藤沢周平は、文壇から距離を置いたって書いてあった。藤沢周平のムック読んでいるときに、その、文壇とはあまり付き合わないようにして、ただもう、一人でいろんな所歩いて……。ただ、井上ひさしとだけは仲良かったらしくって。藤沢周平は、時代劇だけど、自分の小説の舞台を自分で作っちゃったんだよ。海坂とかいう藩で、『隠し剣鬼の爪』とか、あとなんだ…、――藤沢文学の時代劇ってそこで起きているの。井上ひさしは、その地図を描いてあげてるから。絵で。そういう関係……。基本的に孤独なんだね。

今回はここまで。次回は「孤独との付き合い方」についてからです。    続きます!

|

« 物書き学生の話③ | トップページ | ブレイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物書き学生の話④:

« 物書き学生の話③ | トップページ | ブレイク »